Top ドライアイの目薬 > コンタクトレンズ用の目薬

コンタクトレンズ用の目薬

ドライアイの方がコンタクトレンズを使う時には、目薬にも気をつけなくてはいけません。普通のコンタクトレンズ用の目薬を使うとトラブルのもとになることもあります。ここでは目薬を選ぶ際の注意点を見ていきます。


市販されているコンタクトレンズ用の目薬にはほとんど防腐剤が入っています。ドライアイでは防腐剤の入った目薬は使用しないようにしなければなりません。一般的なコンタクトレンズ用の目薬は避けたほうがよいでしょう。
目薬の防腐剤には塩化ベンザルコニウムを使っているものがほとんどです。この塩化ベンザルコニウムには涙を乾燥から守っている油を破壊してしまう働きがあります。ドライアイの人は使わないでくださいね。

また、市販の目薬には目の充血を防ぐ血管収縮剤の入ったものがほとんどです。これは血管を収縮するので目に酸素の供給が少なくなってしまいます。コンタクトレンズを使っているときに特に酸素不足になりますので、血管収縮剤の入ったものは避けてください。


では、ドライアイの人はどんな目薬を選ぶといいのでしょうか?ドライアイの方がコンタクトレンズ装着時の目薬を選ぶ注意点を見ていきます。

目薬にはまず、防腐剤が入っていない人工涙液の目薬を選びましょう。そして、ハートコンタクトレンズをつけたまま点眼できるものを選ぶようにしましょう。
ハートコンタクトレンズをつけたまま点眼できる目薬を使わないと、レンズが曇ったり変形したりすることがありますので注意しましょうね。


ドライアイの人がコンタクトレンズを使うことはできれば避けたほうがいいです。でもどうしてもという時にはそのお手入れや涙の管理が大切になります。その際目薬の役割は非常に重要ですので、十分注意して選んでくださいね。

 
Copyright (C) 2008 ドライアイの治療〜症状と対策〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。