Top ドライアイの原因 > ドライアイとレーシック

ドライアイとレーシック

ドライアイになる原因として、レーシックがあります。
レーシックは角膜の中央部をレーザーを使って削ることにより視力を矯正する治療方法です。屈折矯正手術といって、角膜の形状を変えることで屈折率を変化させます。角膜中央部が薄くなるため、近視メガネと同じ凹レンズを用いたのような状態になります。このレーシックの優れている点はレーザーで削る調節で乱視まで矯正することができます。

ではこのレーシックとドライアイとどのような関係があるのでしょうか。


レーシックの手術を受けると、角膜を削るため角膜の表面が乾きやすくなります。術後1〜2週間は、手術自体の影響で目が乾く感覚が続く短期のドライアイと、術後3〜6ヶ月でドライアイになりやすくなる長期のドライアイがあります。
短期のドライアイは、特に起床時に乾いた感覚を強く感じる傾向があります。長期のドライアイも個人差はありますが、ほとんどの場合、一定期間が経過すれば改善されます。


なぜドライアイが起こるかというと、角膜の感覚が鈍くなるために瞬きの回数が減るためです。
レーシックは角膜の表面を薄く削り蓋状にめくり、フラップというものを作ります。そしてそこに、エキシマレーザーを照射して角膜の一部を蒸散させ、フラップを元に戻します。
この時に角膜の神経を傷つけることになり、角膜の知覚感度が鈍くなります。そしてその神経が元の状態に戻るのが3〜6ヶ月かかるということです。


ですから、ほとんどの場合一時的ですので心配は少ないのですが、しっかりドライアイ対策をすることが必要になります。さらに、もともとドライアイのある方がレーシック手術を受けた場合、ドライアイが一時的に悪化する可能性がありますから、その対策には十分注意する必要があります。
もちろん、レーシック手術を受けてもドライアを全く生じない方もいます。非常に個人差のある現象といえますので、術前の検査と術後の管理が大切になります。

 
Copyright (C) 2008 ドライアイの治療〜症状と対策〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。