Top ドライアイとは > ドライアイの目の状態

ドライアイの目の状態

ドライアイになると、目はいったいどのような状態になっているのでしょうか。
目が乾くといっても目の表面はどのようになっていてどのように乾いてしまうのか、乾くとどういう状態になってしまうのでか、ということをここでは見ていきます。


目の表面は、非常に薄い膜で守られています。この膜は3層の膜の層になっていて、「水分」「油」「ムチン」の層からなります。
●「水分」涙はまぶたの奥にある涙腺で作られ、目の表面に分泌され、目に栄養を与えています。
●「油」はまぶたの中にあるマイボーム腺で作られ、油が水の表面を覆い水分の蒸発を防いでいます。
●「ムチン」は結膜や角膜で作られる粘液で、涙を目の表面全体に広げる役割があります。


涙の役割には、
●乾燥防止(目の表面を潤している)
●殺菌作用(細菌やウイルスなどの殺菌)
●目の洗浄(ゴミやアレルギー物質などの洗浄)
●栄養補給(角膜などの代謝に必要な栄養素を与えている)

がありますが、涙が乾いてくると角膜の上にドライスポットという穴のような物があいてしまいます。涙がある一定以上減り続けると、この穴は残ったままとなり、最も傷つきやすい角膜が露出してしまいます。こうなると、涙の役割を果たせない部分ができてしまい目に障害が出てきてしまうのです。


健康な目では、涙の膜が目の表面を平坦に広がって目の細胞を守っています。しかし、ドライアイになると涙が安定に広がる性質が失われてしまい、涙が目の表面の細胞の上で水玉のようになってしまうのです。そして乾いた部分が傷つきやすくなってしまいます。

目の表面が平坦でなくなってしまうと、涙のあるところとないところで凸凹になってしまいます。そうすると目が見づらくなりますので、目が疲れやすくなり、目の疲労や重さという症状が出てきます。
また、目に傷が付いてしまった場合、目を刺激しますので涙が出ます。ドライアイなのに涙目になってしまうということが起こってきます。

ドライアイの症状は、目が乾いた感じがするだけというわけではありませんので、注意が必要です。

 
Copyright (C) 2008 ドライアイの治療〜症状と対策〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。