Top ドライアイの目薬 > ドライアイに効く目薬の選び方

ドライアイに効く目薬の選び方

ドライアイは涙の量が減るか、もしくは涙の水分の乾燥が増えてしまう病気です。ですからドライアイに効く目薬を選ぶには、目の乾わきを潤す涙の代わりになるのもを選ぶということになります。

ドライアイの目は非常にデリケートで、傷つきやすい状態になっています。眼科で出される目薬も、防腐剤の入っていない人口涙液やヒアルロン酸点眼液といった、目を保護するための、そして目にやさしい目薬が処方されます。目が乾いて目が傷つきやすくなるため、目を守り目にやさしい目薬を選ぶ必要があるのですね。

薬局や薬店で、市販されている目薬を選ぶ時にはこれらの点を注意して選ぶようにしてください。防腐剤の入った目薬ですと、目の表面の細胞を傷つけてしまう可能性がありますから、まずは防腐剤の含まない目薬を選ぶことに注意しましょう。
防腐剤の入っていない目薬の場合、封を開けると長期間にわたって使うことができません。目薬の箱に明記してあるはずですが、防腐剤の入っていない1本ずつ開封する使い切りタイプの目薬を選ぶと良いでしょう。それ以外は、すべて防腐剤入りと考えていいと思います。

自分の症状が疲れ目や充血であっても、それらの効用を優先した目薬を選ぶと逆効果になってしまうことがあります。たとえば、充血をとる目薬は血管を収縮させることで充血をとります。ということは血管を収縮させる成分が入っているということになりますので、ドライアイをさらに進行させてしまうという結果になってしまいます。
自分で市販の目薬を選ぶ際にはその点を十分考慮した上で選んでください。また、よくわからなければ薬剤師さんに聞いてみるか、ドライアイ用の目薬を選んでおけば間違いないでしょう。

 
Copyright (C) 2008 ドライアイの治療〜症状と対策〜 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。